フロアコーティングの基本的な知識|我が家をより良く。料金を抑えたお家のリフォームのすすめ
ドア

定期的なフロアコーティングで家の見た目と耐久性を維持

フロアコーティングの基本的な知識

刷毛と積み木

床を見直す

家の中でも、外壁と床は特に酷使されている部分です。椅子や机、人の足など、床は常に何らかによって圧迫されています。そして、圧迫されることによって床は傷つき、劣化してしまいます。そういったフローリングの劣化を防ぐのがフロアコーティングです。フロアコーティングによって、床の表面は薄い膜が貼っている状態になり、傷がつきにくくなります。それにより、フローリングを安心して長く使い続けることが出来るのです。

フロアコーティングとは何か

フロアコーティングとは、床の表面を何らかの樹脂(フローリング材)で覆い補強する施工のことです。フロアコーティングによって、床は傷つきにくくなり、湿気や火にも強くなります。よって、現在新築を建てると必ずと言ってよいほどフロアコーティングによってフローリング材が塗布されています。

使用されているフロアコーティング材

フロアコーティングの際に、どのような薬品を使用しているかについて紹介しましょう。まず、一番耐久性が高く、傷がつきにくいのがガラスコーティング剤です。少々高い以外特に欠点がなく、長持ちするので人気が出始めています。同じく長持ちするものとしてUV材があります。こちらは速乾性がある他水にも強いです。他にも、シリコンやウレタンなど様々なフロアコーティング材もあります。どれがいいのか悩む場合は業者の人におすすめされるものを使用しましょう。

フロアコーティングは技術力が必要

フロアコーティングを行う時、最も耐久力が高くなるのが均一に塗ったときです。しかし、この均一に塗るというのは非常に難しく、手間がかかります。よって、よほど腕のある人でなければ満足できる仕上がりにはならないでしょう。もし、業者に依頼するのであれば、ネットや口コミなどの情報を確認し、人気と評判を元に探しましょう。

傷が気になる場合

もし、家でキャスター付きの椅子を使っている場合、長年使い続けることで床には傷が付いてしまいます。これは特にフローリングにそこまでダメージはないのですが、ふと見るとやはり少々見た目の良さに欠けます。対応策としては、透明のシートでを机の下に敷き、その上で椅子を利用をするという手段がおすすめです。また、キャスターの方をシリコンにして柔らかくし、傷をつけないという手段もあります。

非常に多い。フロアコーティングをおすすめする理由

掃除が非常に簡単に

フロアコーティングを行なうことで、傷にも強くなり、水も弾くため掃除が簡単です。もし水を弾かない場合は、ホコリが付着しやすくなる他、水や油など液体が染み込んでしまうので、家の見た目が劣化しにくくなります。

傷に強くなる

フロアコーティングによって家は傷に強くなっています。小さな傷程度ならついてしまいますが、それはフロアコーティング剤の表面だけであり、本体にある木材には傷が殆どついていません。また、フロアコーティング剤はリフォームによって剥がすことも可能です。

10年以上長続きすることもある

フロアコーティング剤は、種類によっても異なりますが10~20年以上効果が持続します。そのため、リフォームにかかる費用は高く感じることが多いですが、実際にはその分効果も長続きしやすくなっているのです。しかし、コーティング剤が良くても業者の腕前が良くなければすぐに寿命を迎えてしまうため、業者の評判をきちんとチェックしましょう。

家のダメージを抑える

フロアコーティングを行なうことにより、家のダメージを抑えることができます。特に湿気への耐久力が高くなり、床の腐食やシロアリの侵入などのリスクを無くします。その結果家のダメージらしいダメージを大幅にカットすることができます。

部屋全体が明るくなりやすい

フロアコーティングを行なうと、床の表面がピカピカになります。そして太陽光を反射しやすくなるので家が明るくなりやすくなります。その結果、家全体が明るいイメージを持たれやすくなります。